エロマンガ家 ファンサイト。公式サイト・公式ブログリンク集。

アダルトコミック作家 ファンサイト

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
茜新社 あまとりあ社(あまとりあコミックス) 一水社(いずみコミックス) 英知出版(ECコミックス) エンジェル出版(エンジェルコミックス) 桜桃書房(EXコミックス)  
  海王社 笠倉出版社(カルト・コミックス) 久保書店 コアマガジン コスミックインターナショナル 三和出版(SANWA COMICS)

アダルト
データベース
ホームページ
官能小説
   作家200人

アダルトコミック
   漫画家70人

アダルトPCソフト
    メーカー30社

官能小説掲示板

特集
 THE SEIJI
 ケン月影
 しのざき嶺
 じゃみんぐ
 シン・ツグル
 ゼロの者
 ダーティ松本
 たいらはじめ
 つくしの真琴
 河本ひろし
 鬼ノ仁
 玉置勉強
 琴の若子
 栗本重治
 佐藤丸美
 佐野たかよし
 三条友美
 師走の翁
 車海老
 十羽織ましゅまろ
 上藤政樹
 智代次
 問合来人

 

茜新社


ピコイズムっ!(TENMAコミックスLO) (TENMAコミックス LO)

[ コミック ]
ピコイズムっ!(TENMAコミックスLO) (TENMAコミックス LO)

・よしの
【茜新社】
発売日: 2008-08-27
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
中古価格: 890円〜
ピコイズムっ!(TENMAコミックスLO) (TENMAコミックス LO)
よしの
カスタマー平均評価:  4.5
表紙とは裏腹
えげつない表紙とは違い、内容は全編ラブラブもの 内容が意外というより、表紙が意外でした 肝心の中身は当然オールロリ 自分は著者の作品に関してはコミメガの方しか読んだことが無かったので、LOでの掲載作品がコミックスに纏められ非常に嬉しいですね 未熟な体躯に艶やかさを秘めた少女たちとの和姦は最高でした 変態の自分にはとても良い買い物 作者には今後も是非頑張って頂きたいです
メインディッシュの構成は思いっきりヘタレだけど、胸に染み入るステキな第一歩。
★4の下。 著者の処女単行本。 巻頭カラー8頁ショートの、ランドセル姉妹による、拘束寸止め地獄は、せめて二次元くらい少女に愛されたい方には痛すぎる、アンチロリ系。 世界が終わる日、2193回目のキスをする、教師とランドセル少女の、永遠なる安寧の歌『陽が射して』は、設定を活かしまくった想いのドラマがわずか20頁に凝縮されていて、ラストの2頁では思わずホロリとしてしまったほどステキな物語なんだけど、こんなステキなラストだからこそ見開きとか大胆に使って、5?6頁くらいのボリュームで思いっきり魅せびらかして欲しかったし、巻頭カラーが氾濫する二次元で、敢えてラストにカラーってのもアリだったんじゃないかな?と。ともあれ、感動の名作(★5の上)。 雨宿りな電話ボックスで偶然ご一緒するハメとなった青年とランドセル少女。ゴツイけどあったかい青年のお膝抱っこなうたた寝でパンツに当たる感触に興味津々な女の子の、ドキドキ初体験な台風一過『レイニーシェルター』は、漫画チックすぎる少女の台詞が勿体ないとは思うけど、キュンが目一杯詰めこまれたラストまでとってもステキで、やっぱりオチは見開き×2くらい欲しかったですね。ともあれ超傑作(★4の上)。 朝っぱらからクラスじゅうが乱交しまくる漫画チックにハッチャケた学校に転校してしまったランドセル少女のお話『ころころ』は全6話の長編な少年少女もので、毎回のエピソードを創るのが精一杯で、物語の繋がりは非情に悪く、キャラの造り込みももう一歩。個々のシーンだけ観ればステキなのもありますが、テーマもドラマも輝ききれませんでした。(★3の上ギリ)。 少年少女系とロリコン系が混在してますので食い合わせ可能な方へ。 全てのスキルが成長中なため、今後の活躍が超楽しみ。 これからもステキな想いのドラマと、あったか色のポエムな作風を大切にあたためてくだされば幸い。

sweet ten diary (TENMAコミックスLO) (TENMAコミックス LO)

[ コミック ]
sweet ten diary (TENMAコミックスLO) (TENMAコミックス LO)

・町田 ひらく
【茜新社】
発売日: 2008-08-08
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
中古価格: 786円〜
sweet ten diary (TENMAコミックスLO) (TENMAコミックス LO)
町田 ひらく
カスタマー平均評価:  4
後書きが胸に染み入るファンブック。いつまでもステキな作家でいつづけてください。
★4の下。 著者の11冊目。 タイトルおよび作品一行コメント全割愛御免。 巻頭にカラー4頁。作品毎に1頁の作品解説アリ。至る所にコンテ有り。後書き2頁。栞の付録付き。短編11編とショート2編を収録。 90年代のものと04年前後のものが各々半数な、単行本未収録作品群の寄せ集めですのでご用心。 作品レベルの総合評価なら★4の中といったところですが、作品の方向性が大きく異なり、3分の1ランク減点。 方向性が異なっても『美味しい混ぜご飯』みたいな作品集もありますが、この作品集はさしずめ、前菜がキャビアで、スープがトムヤムで、メインがステーキで、箸休めが納豆で、デザートがナタデココ、みたいな一冊ですので、そんな食い合わせが可能な方へならとてもお薦めなのですが…。 著者未体験なら回避推奨。 『町田ひらく』をこよなく愛してる方は、絶対にゲットしてください。 著者の作品集を4、5冊もっていて、とても好きだから買ってみたいと思う方へなら、充分お薦めの範囲内。 『黄泉のマチ』1冊が気に入ったのでぜひと思ってる貴方へなら、要注意。 エロ本というよりは、少女のモチーフでエロシーンを媒体にして描かれたエロ漫画で、思いっきりファンタジーなものから社会の一側面を謳ったものまで。 こうして、闇に消えたかもしれない旧作を一冊の単行本としてまとめてくださった茜新社様に、個人としては心から感謝。ぜひ第2弾も期待。 個人的には手放しで嬉しいけど、『ANNE FRIENDS』こそ、ぜひ復刻して多くの方に読んで欲しいですし、『きんしされたあそび』をぜひLOレベルの消しで復刻していただけたらなと思います。 現在LOで描いてるような方向性はずっとずっと大切に続けて欲しいですが、昔コアで描いてたような方向性の作品もぜひまた魅せて欲しいです。 『deformity』『アダム達とイヴ』が最愛。全作品超大好き。

キミの瞳に欲情してる・ (TENMAコミックス)

[ コミック ]
キミの瞳に欲情してる・ (TENMAコミックス)

・TANA
【茜新社】
発売日: 2008-08-08
参考価格: 1,050 円(税込)
販売価格: 1,050 円(税込)
中古価格: 787円〜
キミの瞳に欲情してる・ (TENMAコミックス)
TANA
カスタマー平均評価:  4.5
抜群
正直悪い所を探すのが難しいです!ラストのダークファンタジー系の話が唯一のマイナス点ですね!個人的には表題作の「キミの瞳に欲情してる」を丸々一冊の作品で見たかったですが先にも言った通りラストのダークファンタジー系以外の短編もかなりの出来なのでコミックとしては最高レベルですよ!ノリも好きですしね!ただ今後もこのノリでいってもいいですが私は触手系の話が嫌いなのでラストのダークファンタジー系の話とかではなく純粋な凌辱、輪姦、調教系の話も出来れば長編で書いていただきたいです!「キミの瞳に欲情してる」の中でも作者はそれ系の話を書く才能があることを随所に見せてくれてますしね!ですからそういう話の作品が書かれることを密かに期待しています!ですがこれも言った通りで今の感じのノリでいってもそれはそれで今後も期待できますね!
なんか1つだけ違うぞ
アンリアルの作品を入れたことが個人的に残念 他の作品はハードながらも「純愛」として描いているにも関わらず、「世界にない場所」は陵辱・触手・ゲテモノ・フタナリと明らかに毛色が異なります 自分こういうの好きじゃ無いんですよね バッドエンドですし 作者の初単行本としては限定版にドラマCDが付属したり、カラーページが豊富だったりと豪華な1冊に仕上がりましたが、ラストに他誌の作品を詰め込んだあたりがどうも見切り発車のような気がしてなりません どうせなら天魔の作品で一貫して欲しかったのが本音です それ以外は文句無しの出来栄えなんですけどね
濃厚なのにしつこくない
 楠木冴は、一見クールビューティーでありながら、実はMっ気タップリで、自分を調教させようと、女の子のような男の子加藤学と濃厚に絡み合う表題作は、第0話から最終話までの前5話と最後のミニ小説『楠木課長の憂鬱』で構成されます。どれも濃厚すぎるのに、全くしつこさを感じないのは、学の優しさと想いの深さだと思います。求め合うだけの関係から信じ合う関係になる事も応援したいですね。  上記以外の作品では、親切なお隣さん(ヘルス嬢)と新婚夫婦の3Pを描いた『ふうふのヒケツ』が良かったです。また、ご購入の際は、カバーを外す事もお忘れにならないようにお願いします。
暴走ノリとなエグエロ描写と全力投球な愛情の融合と、漫画がステキすぎる青春系。
著者の処女単行本は、ドラマCD付属な初回限定版と同時発売。 1年生の『加藤学』は、表紙でヒロインがぶら下げてるマスコット以上にキラキラな小動物系美少年で、憧れの生徒会長が朝礼台に立つ朝は妄想が大爆発して夢精するくらい彼女に焦がれていた。身長がコンプレックスになってる彼も全校集会では最前列で高嶺の花を目の当たりに出来る特権を授かれる至福のとき。 そして、いたずらな風がドラマを運んでくる。 対する『楠木冴(表紙)』は、サラサラロン毛とタッパの効いたナイスバディーに巨乳が眩しい知的美人で、基本、素直クールに鎧われるも、想いはとっても一途なタイプで、クールな仮面に隠された感情の起伏こそが魅力をつくりあげ、エロシーンに突入するとその端正なご面相を崩して淫化してゆくのがとても好い。 そんなふたりの直球すぎる愛を、巧みなアイデアと思いっきり破天荒な暴走ノリでたたきつける表題作『キミの瞳に欲情(コイ)してる』は、カラー8頁含む総116頁の+巻末オマケ3頁のイラスト入りストーリーで、洪水のごとき溢れかえる汁描写が一部のシーンで稜線までをも消し去るモザイクの役割さえ果たし作画的エロ度を引き下げる結果と相成ってはいるけど、ふたりの想いが籠もりまくったゼロ距離えっちが素晴らしすぎて、その過剰な汁表現すら一途な想いを伝える演出の一形態と捉えることができ、敢えて減点対象にはしませんでした(★5の上と紙一重な★5)。 ほか、★4の下・★4の中・★3の上クラスの短編も1編ずつ。 暗黒狂愛幻想奇譚『世界にない場所』という物語性極上な短編も収録(★4の特上)。 さらに描き下ろし1頁含む極上カラーイラスト12頁付属。 カバー内も見てね♪ 古めの作品の作画はかなり粗いです。 エグさは上々。 漫画力は抜群。 暴走純愛青春漫画ファンの方へ、男女を問わず超お薦めな逸品。 エロと漫画でキュンキュンしたい貴殿貴女に。
性欲の権化、濃厚な性交描写。
たまにイラストを見かける方だなと思っていた方の初単行本を見かけましたので、ついつい買ってしまったのですが…。 内容としては表紙の巨乳の髪ロングちゃんが内容の六割、細身で女っぽいですがナニは凶悪な少年との絡みです。 残りは各単発が数点、一つだけ怪物と言うか触手物があるのですがそれも中々。 基本的には純愛、和姦ですがマゾッ気のある子が妄想で輪姦されたりしてるので、そちらも楽しめる方には二度おいしいですね。 著者の初単行本となってはいますが、絵のバラつきは最小限となっていて、表紙が気に入った方はオススメです。 自分としてはツボで絵も綺麗なので★5です。

キミの瞳に欲情してる・初回限定版 (TENMAコミックス)

[ コミック ]
キミの瞳に欲情してる・初回限定版 (TENMAコミックス)

・TANA
【茜新社】
発売日: 2008-08-08
参考価格: 1,500 円(税込)
販売価格: 品切れ中
中古価格: 1,900円〜
キミの瞳に欲情してる・初回限定版 (TENMAコミックス)
TANA
カスタマー平均評価:  5
暴走ノリとなエグエロ描写と全力投球な愛情の融合と、漫画がステキすぎる青春系。
著者の処女単行本に表題作のドラマCDなオマケ付属な初回限定版ですが、通常版と同時発売というファンに優しい出版社の姿勢が好ましく、ドラマCDには差ほど食指が動かない私も敢えて同時購入。 このCDとオマケに挿入されてるCDカバー用カラーイラストを除けば、帯と表紙の枠が異なる以外に一切内容に相違はありません。 なお、CDは漫画部分の続編になっていて、大学生になって独り暮らしをはじめたヒロインのもとへカレシが訪ねてくるところから始まります。 一般シーンはとても似合ってるとさえ思ったふたりの声ですが、えっちシーンになるとどうしても百合っぽく映ってしまうのが、人によってはマイナスポイントになりかねませんのでご用心。ちょっと行為時の台詞がマシンガンすぎて情緒を引き出すタメが少なめなのも個人的には気になりましたが、ボリュームは充分だし、アイデアも総じて優秀。 気になる方は視聴サービスを利用してください。期間中は最初の15分間ノンストップで視聴可能です。茜新社のHPか著者HPにお邪魔して特設ページのリンクを辿るのが簡単。 作品内容につきましては通常版の方に詳しく書きましたのではしょりますが、よーするに、抜群の漫画力で描かれた暴走純愛系青春漫画としての逸品ということ。 エグエロと漫画でキュンキュンしたい貴殿貴女に激お薦めしたいことは言うまでもありませんが、短編4編の方はかな?り粗めであり、漫画として素晴らしいキルタイムで発表した『世界にない場所』という幻想奇譚以外は、エロ作画的な欠点もまだ多く残していた時代の習作エロ漫画であることも付け加えさせていただきます。 無論、12頁のカラーイラストは極上。 小説やシナリオ作家と二足の草鞋でお忙しいとは思いますが、現在描いてる方向性もキルタイムで書いてた方向性も無茶苦茶ステキですので、もっともっと漫画の方も描いてくださいまし。

少女嗜好(TENMAコミックス) (TENMAコミックス)

[ コミック ]
少女嗜好(TENMAコミックス) (TENMAコミックス)

・八的 暁
【茜新社】
発売日: 2008-08-08
参考価格: 1,050 円(税込)
販売価格: 1,050 円(税込)
中古価格: 700円〜
少女嗜好(TENMAコミックス) (TENMAコミックス)
八的 暁
カスタマー平均評価:  3.5
人を選ぶ
絵がかなりクセが強く、画風が受け入れられない人には実用に耐えない作品でしょう。 お話の作りとかは手慣れた感じで面白いと思うのですが。
マニアックな少女の官能美とステキな漫画の究極の融合を、いつかこの目で観たい。
★4の中。 著者の9冊目。 巻頭カラー4頁ショート。 燃え盛る兄妹の汗まみれは、至福を全否定される少女の憐憫なズキを活かすために2度目のえっちが欲しかった。 マニアックに走って誤魔化そうとする青年と抗うことのできない少女は、大ゴマを主体とした大胆なコマ展開と表情だけで想いを伝える手腕がミゴト。 援交初挑戦の女生徒が幸せを見つけるお話は、棚牡丹すぎるけどとてもステキ。 余り者な男女生徒の暇つぶしからはじまる想いの昇華は、はじめての符号無しが勿体なさ過ぎるけど漫画チックに魅せつける想いの空間力がとてもステキ。 少年の好奇心とカテキョな女生徒のトキメキ。 告った女生徒が超アブで、マニアックな泥沼に沈没してゆく男子生徒のお話は、意図的にはしょられたと思しいスカシーンの欠落が痛すぎるけど、思いっきり突っ走ったアブがミゴト。 両想いの兄妹がひとつになる瞬間は、とても素晴らしい方向性をもっているが、頁数が全然足りない。 虚弱体質な少女とおもりの青年がひとつになる瞬間。 半陰陽な少女と友人少女の交歓詩。 未来史シリーズ第3弾。 3頁ショート。 以上、タイトル割愛御免。 2冊目『少女フィクション』以来の購入になってしまいましたが、結果はベタボレ。残りも購入したい想いでいっぱい。 作画は表紙より裏表紙を参考にしてください。 行為から引き出される少女の官能美を描いたタイプで、思いっきりマニアックなスタイルで少女のエロスを引き出してますが、漫画チックにオーバーな表現も多く、画一化された表情が若干絵空事で、心情のリアリティーが活かしきれないところだけが弱点。 男女の想いをきっちり物語に封じ込めているのが超ステキ。 男性へのアナル姦も2編あるのでご用心。 ゼロ距離えっちの熱さがステキ。 少女への愛で満ち溢れた一冊。 作画的なエロスは特筆クラス。 後書き読んでて思わず同感。ぜひとも1冊丸々未来史シリーズをっ!。

都合のいい少女 (TENMAコミックス RiN) (TENMAコミックス RiN)

[ コミック ]
都合のいい少女 (TENMAコミックス RiN) (TENMAコミックス RiN)

・猫玄
【茜新社】
発売日: 2008-07-26
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
中古価格: 840円〜
都合のいい少女 (TENMAコミックス RiN) (TENMAコミックス RiN)
猫玄
カスタマー平均評価:  5
全作品RIN掲載作品
 収録内容 ・大逆転彼女(ツルペタ少女 初体験 中出し)  大晦日の夜、真面目な彼女花梨を尻目にお神酒を飲む勝、口うるさい彼女に無理やりお神酒を飲ませると・・・ ・明るい子供計画(ツルペタ少女 中出し)  計画的に小梅を落とし穴にひっかけ、一緒に風呂に入る事に成功したみい、女体の神秘を拝もうとした彼だったが・・・ ・都合のいい少女(表題作 ツルペタ少女 中出し)  朝から年下の幼なじみまきにご奉仕してもらう主人公、学校帰りにまきと一緒のところを友人に目撃された主人公だったが・・・ ・保健室にて調教中(ツルペタ少女 中出し)  朝から保険医を罵倒する保健室登校児童香奈、そんな彼女は保険医の彼に・・・ ・花粉症の症状に対する考察とその対処法(ツルペタ実妹 初体験 中出し)  幼い妹の世話をする兄、花粉症にかかり下の口があふれる彼女に兄は遂に・・・ ・発売中止!?とっておきの舞(巻中カラー ツルペタ少女 中出し)  モデルに逃げられたカメラマン助手、その彼女を探す彼の前に・・・ ・退屈な時間の過ごし方(ツルペタ少女 初体験 中出し)  母の古い友人の息子、彼を預かるようになってから自由な時間の無くなった彼女だったが、彼の行為に対し・・・ ・Unexpexted girl(ツルペタ少女 初体験 中出し)  真面目な少女さくら、彼女からの告白から付き合い始めた敦、彼女の誕生日に彼女の家に誘われ、そこで・・・ ・旅先ゆ?れい(ツルペタ少女? 初体験 中出し)  会社を無断欠勤し、南の島を一人旅する主人公、ホテルの部屋に突然現われた幽霊に彼は・・・ ・狐の嫁入り前(ツルペタケモノっ娘 初体験 中出し)  20歳になり祖父母のいた田舎へ向かう青年、そんな彼は10年前の初恋の女の子のことを思い出し・・・ ・Silent Lesson(ツルペタ少女 中出し+)  家庭教師先の少女に勉強を教える青年、そんな彼が教えるのは・・・そして母親似の彼女を満足させた後・・・ ・あとがき(ツルペタ実娘ケモノッ娘 初体験 中出し)  あとがき+狐の嫁入り前後日談  Comic RINに掲載されたいた作品を集めた作品集、Comic RIN掲載作ばかりだけあってヒロインは全てツルペタ少女となっています。(猫玄先生お得意の中出し演出も満載!)  個人的お気に入りは表題作都合のいい少女、最後の意味深なセリフもいいですね。

しゃるうぃーげーむ? (TENMAコミックス LO)

[ コミック ]
しゃるうぃーげーむ? (TENMAコミックス LO)

・佐々原 憂樹
【茜新社】
発売日: 2008-07-26
参考価格: 1,050 円(税込)
販売価格: 1,050 円(税込)
中古価格: 739円〜
しゃるうぃーげーむ? (TENMAコミックス LO)
佐々原 憂樹
カスタマー平均評価:  5
表紙のフェチ度にたじろがずに
前の作品が気に入った為に購入しました。 この本も成人男性(中学生か高校生位の兄もあり)と小学生位の少女のHでややフェチが 入った和姦のスタイルは同様です。 この作家さんの上手い所はメインキャラクター1対1での濃密な心理描写ややりとりです。 話の構成、絵、共に本当によく出来ていますが、見事な心理描写と暗さのあるいかがわしさが エロを引き立てている事が特徴だと思います。これが素晴らしい。 なかなか他の作家さんではバランスよく描けないものと思います。 メインキャラクター3人での話も屈折した感情が大変よいです。 表題作「しゃる うぃー げーむ?」はそれ以上の人数の複数プレイが多く描写が散漫になって しまうのとコメディ色がある為、その特徴が出てない話が多いです。 自分としては他の短編作品が非常によく出来ていると思いました。 「しゃる うぃー・・・」で上手いと思うのは複数プレイではない話です。アイテムに頼らない うっとおしくない適度なフェチ描写で、違う魅力があり、こちらもよいです。 複数プレイがお好みの方はまた違う意見でしょうが。 表紙がフェチに走っていたのはドン退きでした。スク水ランドセルといったあざといアイテムで主張 するのは安直に見えます。折角読み応えのあるモノを描いているのに、と自分には残念に思えました。 (でもその方が売れるんでしょうね) 以前の作品同様、男性側をうまく描いているのは大変よいと思いました。 絵の中で、子宮口が開いてるのは違うなと思いましたがイメージだと思うことにします。 表紙に退けてしまう人にも、作品として本当によく出来ているのでお勧めです。
ロリコンor佐々原先生ファン
ロリコンにはかなりお勧めできる作品です 佐々原先生の描く少女はロリコンのツボを的確に突いてきます! 自分的に登り棒で感じる少女がかなりのツボでした単行本のタイトルになっているしゃるうぃーげーむも4人の少女の個性がとても出ておりすごく興奮できました前作はイマイチだった方も今作は大変使えます。
3人娘の想いの方向性だけで突き進んで欲しかったけど、それでもステキなロリ物語。
著者の2冊目。 巻頭カラー6頁ショート『てつぼう。』。 青年と猫少女の物語『甘噛み姫』は、22頁の誌面を余すことなく絶妙のコマ展開で寸分の無駄無く詰め込まれた想いの方向性がミゴトすぎる名作。 母の連れ子として怯えるように義兄を見ていた少女はいつしか青少年に懐き、指定席なお膝の上で性に目覚め、小悪魔な性癖を身につけてしまうお話『ひざうえ姫』は、ハードコアとして欠落してる描写を欠点として差し引いてもなお至極の名作。 のぼり棒にオマタがこすれてしまって辛抱できなくなっちゃった少女と、ワルノリ兄妹のエロポエム『のぼりぼう。』。 『樋上かずき』な青年教師の優柔不断さに迷惑した廉で、セミロングリボン『樋上えれな(表紙)』とツインテ『氷川きみか』とオカッパカチューシャ『上条あかね』の個性的小5三人娘が結託し、彼を拘束し、『およめさんはだれだ!げ?む』をぶちかます表題作長編『しゃる うぃー げーむ?』は巻中カラー4頁含む全8話で、少女たちの飽くなき欲望を詰め込み、スク水・Tバック・ランドセルから、はてはネコミミ+アナルシッポ+名札つき裸エプロンまでアイテムを駆使し、怒濤のごときトキメキの争奪戦を繰り広げるのだが、何故か5話で初登場させた新キャラとの情交に丸々2話を費やし、結局、3人娘の物語としての想いの方向性を回復させるには至らず、おいてきぼり感覚なまま幕無き幕。 ほか、カラーイラスト4頁。キャラ設定集など。 はたして表題作の長編構成で評価は大幅に落としたけど、それ以外に減点要素が一切無く、加点だらけの一冊でした。 作画はすでに完成の域。 抜群のコマ展開で想いを伝える手腕は相変わらず。 少女の裡に犇めく小悪魔的乙女心はそのままに、物語はちょっぴりオチャメでライトな萌えのベクトルも内包し、またひとつ枠が拡がったステキなロリエロファンタジー。 美少女嘆美派・美少女萌派な方への薦め。

恋のヒメゴト (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)

[ コミック ]
恋のヒメゴト (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)

・龍牙 翔
【茜新社】
発売日: 2008-07-19
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
中古価格: 687円〜
恋のヒメゴト (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)
龍牙 翔
カスタマー平均評価:   0

ちぃさな恋ゴコロ (TENMAコミックス LO) (TENMAコミックス LO)

[ コミック ]
ちぃさな恋ゴコロ (TENMAコミックス LO) (TENMAコミックス LO)

・裏次郎
【茜新社】
発売日: 2008-07-19
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
中古価格: 700円〜
ちぃさな恋ゴコロ (TENMAコミックス LO) (TENMAコミックス LO)
裏次郎
カスタマー平均評価:  5
コロの扱いに個人的不満はあるけどキュンキュンが目一杯詰まりまくったロリエロ本。
著者の2冊目。 巻頭カラー4頁含む、三ヶ月前からオッパイが膨らみはじめてガンだと思いこんでるド貧乏な小4少女が、同じアパートに住んでる獣医の卵な浪人生に藁をも掴むキモチで縋りまくり、乙女を散らすエロエロファンタジーポエム『はるかちゃんちは貧乏だから』は、月のお小遣いが37円って設定が反則だけど、年齢相応の人物像がきっちり創れていることと、リアルに心情を描写しつつも幸せなファンタジーとしての方向性を失わないバランス感覚が絶妙。 添い寝する弟でキュンキュンしちゃったお姉ちゃんが、夢のせいにして自ら乙女を散らすほのぼのキュンキュン系『お姉ちゃんは心配性』。 35歳で売れない漫画家と3万円でご奉仕してくれる10歳の姪っ子の、『大人も恋をする』は、得意の漫画部分が大爆発してて、ステキすぎるエロポエム。 青年と飼い猫(ネコマタ)『コロ』の恋物語は、自分事情で少女の姿に変身する『コロの発情期』からはじまる全6話なんだけど、抜群の方向性で感動を垂れ流してくれた第1話がピークで、最終6話に当たる『ちぃコロ日記』の第3話で再び感動が大爆発するまで、その中間部分のつなぎ方に構成面での甘さと、中途参戦する母ネコマタ登場後のコロの扱いの弱さが、かな?り残念だけど、ロリコン御用達漫画として減点すべきところは何も無いし、巻末6頁ショートのオマケ漫画も超ステキでした。 ほか、カバー内に4コマ。 長編の構成とショタ1編を含む単行本としての構成で2点減点したけど初期評価は星5の上。 無論、今回は獣娘がメインですし、年齢的にはロリというよりベドに近いですし、第二次性徴期突入でオッパイも表紙通りだったりしますので、全ロリコン貴殿にお勧めとまでは言えませんが、ファンタジーでありながらリアルを損なわない心情描写が抜群のひと言。 ともあれ、漫画として抜群の味付けでランドセル少女たちを堪能できる殿堂作。

恋するプリンぱい (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)

[ コミック ]
恋するプリンぱい (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)

・安藤 裕行
【茜新社】
発売日: 2008-06-27
参考価格: 1,000 円(税込)
販売価格: 1,000 円(税込)
中古価格: 650円〜
恋するプリンぱい (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)
安藤 裕行
カスタマー平均評価:  4.5
パイズリラッシュ
さすがパイズリがお好きな作家さんなだけに全体の9割がパイズリで埋め尽くされています。私の様なパイズリが大好きな方には最高の一品です。
生き残りを賭けて時代に媚びる作家の執念が素晴らしすぎる一冊。
★4の下。 著者の5冊目。 ヤリスギ風紀委員な女生徒の恋心『恋する風紀番長』。 フォローしまくる青年に天然ドジなバイト娘の恩返し『笑顔なよい子さん』。 弓道部の女生徒に突如芽生える恋『初めてを…』。 天然オバカな女生徒のエロ漫画的ダイエット法『ダイエットは170kcal』。 ちんまいけど爆乳で運動神経抜群で漫画チックに天然すぎる女生徒の大ボケな初体験『元気っ娘、初チン療!』。 憧れの素直クールな女生徒の乙女をゴチになる男子生徒の棚牡丹な幸せ『花粉症キューピット』。 ぶくぶくムチムチ娘な母娘vsムキムキマッチョな青年の親子丼な肉弾戦『二人はムッチンプリン(前後編)』。 ほか、ヒロイン総出演な描き下ろしオマケパイズリ漫画10頁。カバー内も見てね♪。 さて、ネオ劇画チックな艶優先のキャラデで濃い口のハードエロを描いてた著者ですが、時代とともに作画も変わり前作『ぱいヌキ』では萌えフレーバーをかましたキャラが多く見られるようになり、そして今回は官能劇画の面影はもうほんの僅かまで目減りし、萌えを加味したコミックタッチの絵柄に移行していますのでご用心。 特に『ハッチ』か『伊佐美ノゾミ』かと勘違いするくらい絵を崩した作品もあり、この、時代に媚びる節操の無さが、生き残りにかける作家の執念さえ感じさせてくれてて感慨深かったです。 肉感的な娘もまだまだ登場しますが、一部は細身の肢体に爆乳というアンバランスな魅力満載。 ただし、ムキムキマッチョな青年まで軟弱系青年にシフトしてしまってて、得意の肉弾戦の魅力は薄まってしまいました。 次回はぜひ、『マッチョな青年に恥じらいつつも身悶える萌えキャラ乙女』な路線で、体格差を活かした方向性で勝負してくれれば幸い。 カバー内の貧乳キャラもぜひ拝ませてくださればと思います。 安易すぎる漫画としての味付けはもう少し何とかして欲しいですが、今後の方向性に興味津々。




Copyright © 2008 アダルトコミック作家 ファンサイト. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年9月14日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク