AV女優6700人のデータベース。公式サイト・公式ブログ・ファンサイトリンク集。プフィール、作品リスト満載。

AV女優データベース

1,500円以上で送料無料!
※一部大型商品を除く
カートを見る ヘルプ
Saiko 近藤あずさ 近藤美樹 紺野なつみ 紺野美奈子 小山あかね  
  小山玲子 小室優奈 小松ユリナ 小室零 近藤美和 紺乃すず

ホームページ
 ■ 官能小説
 ■ アダルトコミック
 ■ エロゲー
無料動画ダウンロード
 ■ Youtube
 ■ Yourfilehost
無料サンプル画像
 ■ デジタル写真集
特集
 あさひ瑞穂
 あすかりの
 あずき美由
 あずま樹
 亜紗美
 芦屋瞳
 梓まみ
 梓ゆり
 浅海まみ
 浅間夕子
 浅宮ゆかり
 浅見ひかる
 浅見京子
 浅見香織
 浅見美那
 浅見怜
 浅野みみ
 浅野真弓
 浅野美鈴
 浅野由美
 朝日かりん
 朝日里歌
 朝比奈さなえ
 朝比奈ハル
 朝比奈ひよこ

 

あさひ瑞穂


ノーカット!! あさひ瑞穂 2nd

[ DVD ]
ノーカット!! あさひ瑞穂 2nd

・あさひ瑞穂
【TANK】
発売日: 2003-07-18
参考価格: 2,079 円(税込)
販売価格: 1,980 円(税込)
中古価格: 299円〜
ノーカット!! あさひ瑞穂 2nd
あさひ瑞穂
カスタマー平均評価:   0

VIP あさひ瑞穂

[ DVD ]
VIP あさひ瑞穂

・あさひ瑞穂
【VIP】
発売日: 2003-11-21
参考価格: 2,940 円(税込)
販売価格: 1,680 円(税込)
中古価格: 769円〜
VIP あさひ瑞穂
あさひ瑞穂
カスタマー平均評価:   0

ノーカット!! あさひ瑞穂

[ DVD ]
ノーカット!! あさひ瑞穂

・あさひ瑞穂
【TANK】
発売日: 2003-05-23
参考価格: 2,079 円(税込)
販売価格: 900 円(税込)
中古価格: 1円〜
ノーカット!! あさひ瑞穂
あさひ瑞穂
カスタマー平均評価:   0

好きですランジェリー RIBON4時間BEST

[ DVD ]
好きですランジェリー RIBON4時間BEST

・早川桃華/秋吉志帆/篠原まこと/あさひ瑞穂/薫桜子/今宿まこと/星川ヒカル/秋吉里香/黒沢愛/加藤ひろみ/大空あすか/初はな/小森美樹/柚月らら/早咲まみ/ARISA
【RIBON】
発売日: 2005-10-21
参考価格: 2,079 円(税込)
販売価格: 1,549 円(税込)
中古価格: 1,360円〜
好きですランジェリー RIBON4時間BEST
早川桃華/秋吉志帆/篠原まこと/あさひ瑞穂/薫桜子/今宿まこと/星川ヒカル/秋吉里香/黒沢愛/加藤ひろみ/大空あすか/初はな/小森美樹/柚月らら/早咲まみ/ARISA
カスタマー平均評価:   0

トランスコーポレーション/看護の華 あさひ瑞穂

[ DVD ]
トランスコーポレーション/看護の華 あさひ瑞穂

・あさひ瑞穂
【ビデオメーカー】
発売日: 2005-06-25
参考価格: 5,040 円(税込)
販売価格: 700 円(税込)
中古価格: 185円〜
トランスコーポレーション/看護の華 あさひ瑞穂
あさひ瑞穂
カスタマー平均評価:   0

輝け!全日本AV女優大賞2005 2枚組 8時間

[ DVD ]
輝け!全日本AV女優大賞2005 2枚組 8時間

・及川奈央/今井もも/流海/早咲まみ/黒沢愛/大空あすか/薫桜子/星川ヒカル/早川桃華/北川美果/月野はるか/初はな/あさひ瑞穂/加藤ひろみ/MASAKI/佐藤るり/秋月杏奈/今野夢愛/安田みずほ/大塚あみ/小森美樹/片瀬茉莉奈/綾瀬あいり/滝沢優奈
【RIBON】
発売日: 2005-11-18
参考価格: 2,079 円(税込)
販売価格: 1,932 円(税込)
中古価格: 1,280円〜
輝け!全日本AV女優大賞2005 2枚組 8時間
及川奈央/今井もも/流海/早咲まみ/黒沢愛/大空あすか/薫桜子/星川ヒカル/早川桃華/北川美果/月野はるか/初はな/あさひ瑞穂/加藤ひろみ/MASAKI/佐藤るり/秋月杏奈/今野夢愛/安田みずほ/大塚あみ/小森美樹/片瀬茉莉奈/綾瀬あいり/滝沢優奈
カスタマー平均評価:   0

アタゴオルは猫の森 DVD

[ DVD ]
アタゴオルは猫の森 DVD

・山寺宏一 ・小桜エツ子 ・内田朝陽 ・谷啓 ・佐野史郎
【エイベックス・トラックス】
発売日: 2007-02-21
参考価格: 7,140 円(税込)
販売価格: 5,775 円(税込)
中古価格: 4,359円〜
アタゴオルは猫の森 DVD
山寺宏一
小桜エツ子
内田朝陽
谷啓
佐野史郎
カスタマー平均評価:  3
あの「アタゴオル」は、ここには無い
原作のファンということもあり、かなりガッカリしました。 登場人物や設定が大幅に変更されていたことはさておき、何より、原作の持つ魅力的な雰囲気が少しも伝わってこなかったことが、最大の問題点だと思います。 主人公ヒデヨシの太陽のような力強い明るさ、住人達のあっけらかんとした気楽さ、彼らを取巻く世界の神秘と静けさ、そして、時折見える作者のウィットに富んだユーモア・・・原作にある魅力は挙げればキリがありませんが、映画ではそれらがすべて安っぽいものに置き換えられていると感じました。 原作を知らない人にとっても、物語の展開が唐突過ぎ、登場人物やアイテムの位置付けも分かりづらかったため、ついていくのに苦労したのではないかと思われます。 背景は美しかったので、フルCGにしたこと自体を問題だとは思いませんが、猫や人の動きがぎこちなく、質感もテラテラしており、違和感を感じました。また、歌の場面で流れる、本編に対して長すぎる映像も、何かの比喩のように見せておきながら、全く意図がつかめません。 同じくますむら氏が原作の映画、猫の「銀河鉄道の夜」が素晴らしかったこともあり、「アタゴオル」も、もっと力のあるスタッフに制作して欲しかった・・・と、原作のファンとしては残念でなりません。
これは別物だなあ
 とりあえず原作ファンにはお奨め出来ない作品です。  キャラクターがCGなので、特にテンプラとツキミ姫が全く別のルックスになってしまっているのが、まずは大きな違和感。ますむらキャラのアニメとしては過去にセルアニメの「銀河鉄道の夜」がありますが、あちらの方が遙かにますむらキャラを良く表現できていると思います。声優に素人を起用したのも失敗でしょう。たしかに声優と俳優の両方をこなす名手もごくわずかながら居ますが(池田秀一、戸田恵子など)、本作に参加したタレントは到底そのレベルではありません。  音声もダイナミックレンジが大きすぎるので、家庭の再生では、キャラの会話を規準にすると爆発音(これが頻繁に来る)が近所迷惑レベル。爆発音でヴォリュームを決めると会話が聞き取りづらいと。  音楽担当の石井竜也はたしかに本物の天才ではありますが、その個性が強烈すぎるので(しかも半ばミュージカル仕立ての演出だし)、なんだか米米クラブのコンサートビデオを見ているような気分になってきます。
残念 ^^
不思議なアタゴオルの森のおはなし。 けど・・私にはあまり感動は伝わらなかった。 残念 ^^
私には合わないアニメだった
日本の3Dアニメを初めて観ました。 ピクサーを見慣れているからか、 とても地味な印象を受けてしまった。 演出は新鮮味なく、物語はビミョー・・ でもヒデヨシのキャラが楽しい! みなぎる生命力、ひたすら前向きで、 紅マグロへの執着など憎めませんっ! ヒデコも、まあ可愛いんですよー。 「サイコー!」が笑えました! カッコ良かったのはギルバルス。 田辺誠一さんの吹替、素敵でした! 私的には、谷山浩子さんに もっと活躍して欲しかったです。
漫画とは別物
このDVDは見る人の好みで、評価は大きく分かれる映画だろうと思います。 映画の冒頭が良く示しているように、ディズニー映画と見間違うばかりのミュージカル仕立ての歌と、ダンスの場面で始まります。多くのアクション、モンスターとの闘いのシーンも、今風のものです。 これをますむらひろしの漫画と同一のものと見るか、原作のストーリーとキャラクターを借りてきて、和製ディズニー風アニメとして全く新しく作り直されたアニメと見るか、人によって、捕らえ方は異なるかもしれません。 長年のますむらひろしの漫画のファンとして言わせてもらえば、これは、漫画とはまったく異なる別物です。 言葉でいうのは、大変難しいのですが、原作の絵にある何とも表現し難いミステリアスな雰囲気や、漫画そのものの、大人を惹き付ける魅力が全くと言って良いほどに、失われているように、私には感じられました。 最近のアニメを見てしばしば思うのですが、アニメというものが、如何に、技術だけでないか、心が通っていないと、うまくいかないものなのか、改めて、考えさせてくれました。

アオグラ 四月になれば彼女は

[ DVD ]
アオグラ 四月になれば彼女は

・遠藤浩二
【ビデオメーカー】
発売日: 2007-08-24
参考価格: 3,990 円(税込)
販売価格: 3,400 円(税込)
アオグラ 四月になれば彼女は
遠藤浩二
内田朝陽
橋爪遼
坂本真
徳山秀典
阪田瑞穂
原田龍二
渡辺哲
高橋ひとみ
牧義寛
川上健一
足立紳
井上明夫
大庭勇人
奥村誠
土屋和之
石垣直哉
大野真里
大口兼悟
カスタマー平均評価:  5
予想外の面白さ
卒業後の選択肢に悩む、今より少し遠いその時代の地方と東京の距離感や、 今もおそらく基本的にはあまり変わらないはずの、一生語りあえる同級生との友情を、 重くならず爽やかに楽しく表現された作品です。 様々な場面での仲間同士の掛け合いの台詞がとてもテンポよく、方言も地元の方が聞くと 拙いアクセントだと思いますが、それも全体の流れの良さで乗り切っていると思います。 内田朝陽さんの大柄で朴訥な青年「沢木」は、卒業したあとも進路に悩み考え込んでいる はずなのに、周りの強引な行動にズルズル引きずりこまれてしまう気弱な性格を 高感度いっぱいに演じています。 共演の友人達もそれぞれ個性的に演じ分けがされていて脚本、演出の緻密さが伝わります。 大口謙吾さんの学ランにリーゼントなど絶対他の作品では見られないファッションも新鮮です。特に徳山秀典さんの表情の細かい動きや役作りが必見で、少年時代から大きく成長した演技に驚きを感じました。
青春ですね!
遠い昔に通り過ぎた、胸の奥がチクッとするような学生時代の記憶が蘇り、あの頃の友人たちに猛烈に会いたくなりました。高校卒業後の新生活への期待や不安、まだ未来予想図が描けない焦りや、あの年代特有の不安定な気持ちがほんとに繊細に描かれていました。男の子の友情っていいなぁ?って、ほのぼのです。特典映像のキャスト座談会も必見です。合宿生活をしながらの撮影エピソードやそれぞれの役に対する思い入れを語ったインタビュー映像。実生活でも仲良しになった彼らだから、等身大で表現できたんですね。本編の昭和40年代、特典映像の普段の役者さん達のヘアスタイルのギャップもGoodです。



Copyright © 2008 AV女優データベース. All rights reserved.    Program by 簡単アマゾンサイト作成ツール ver.3.96

 更新日 2008年9月16日   ※ 表示価格は更新時のものです!      メール      相互リンク